木の家で注文住宅を建てるならまずこれを知っておこう

お客様と家づくりのお話をしていると、よくトレサビリティーの話が出ます。
生産履歴のこと。
岐阜で建てる家は全て岐阜県産・国産100%
図面やデザインでは分からない部分。
なぜ国産材の木がよいかお伝えし続けています。
よろしければお声をかけて下さい。「なぜ国産材なのか?」をお伝えします。

木の家で注文住宅をたてるなら、今日は私が担当をさせていただいてるお客様、k様のコーディネート打ち合わせ初日!!
本来営業が、直接打ち合わせをさせていただくのは、ご契約まで。
ご契約以降は設計グループへ・・・工事グループへと引き継がれていきます。
が、まだまだ勉強中の私は、1日打ち合わせに同席させていただきました。

木の家で注文住宅をたてるなら、コーディネートの先輩方は、「コーディネート=お化粧」と例えられます。
今まで色のなかったk様プランに着々と色や部材が決まっていく姿はそのもの。
「おぉ!外壁はこんな色になって、瓦がこれで・・・」
イメージしていたものが更に形となって色となって頭の中に映ります。
「k様の家が建つんだな~・・」と実感しなおし気持ちがワクワクしました。
お引越し・解体・運動会・・・1日お疲れ様です!!やはり家が出来上がることを想像すると楽しみですね。
これからもよろしくお願いします。

先日、基礎打ち工事の現場を見ました。
これは「べた基礎」と言って床下に見えてくる家を支える鉄筋コンクリート構造の部分。
木の家で注文住宅を建てるなら、エアパス工法を採用し、べた基礎を使用します。
エアパス工法は太陽熱や地熱といった自然エネルギーを積極的に利用する工法です。
木の家で注文住宅を建てるなら、これから基礎の立ち上がり部分をつくります。
木の家で注文住宅を建てるならには誇りをもった基礎工事の職人さんがおります。
いつも「なんといっても家は基礎が大事」と話す職人さんです。頼もしいかぎりです。

昨日、愛知県内で棟上げ・上棟式を執り行いました。
木の家で注文住宅を建てるなら、少々雨が降りましたのでシートをかぶせて養生しました。計画地は母屋の向かい側。
ご家族の見守る中、無事に棟が上がりご家族もなんとなく安心していただいた様子。
街中ということなので、ご近隣の安全を第一に配慮します。
無事に棟が上がりその後上棟式をしました。
木の家で注文住宅を建てるなら、棟梁が祝詞を読み上げます。
お子様が生まれて始めた家づくり。ご家族を守るしっかりとした家を建てます。
PR:岐阜の不動産SHOPで土地探し内職 アルバイトSEOアクセスアップ相互リンク集健康マニアによる無病ライフ初値予想マッサージのリアル口コミ.com
JALカード住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣サプリメント英語上達の秘訣女性向けエステ.comクレジットカードの即日発行じゃけんお家の見直ししま専科貯蓄生命保険の口コミ.COM