木の家を建てるときに考えるべきこと

昨日、名古屋で木の家を建てるお客様のお住まいの棟上げ・上棟式執り行いました。
11月ですが、動いていると汗が出るほど暑いでした。
午後4時30分ころ無事に棟が上がり、家の形がはっきりしてきました。
木の家を建てるときに考えるべきこと、棟梁・お施主様が家を清めます。
今後も工事も無事を祈り、住まうご家族の健やかな暮らしを守るため、家の四方を御神酒と御塩で固めます。
木の家を建てるときに考えるべきことは、家のことはもちろん、日本に受継がれてきた文化とどう向き合うか、というのも大事なことになってきます。お子様に何を伝えるのか。上棟日に2人目の子供が産まれるという巡り合わせもあり、木の家を建てるときに考えるべきこと、とても華やかな棟上げができました。これからやく5ヶ月ほど工事が進みます。
木の家を建てるときには、ゴールだけでなく家をつくるまでの過程を愉しむのが、暮らしやすい家にできあがるコツです。
木の家を建てるときにはどんな外壁が合うかも考えることが大切です。
塗装全般になんでもコーティングしてくれます。いつもは外壁の吹き付けをしていただいてます。
今日は、新しく作った机の塗装をしていただきました。
木の家を建てるというのは、簡単に見えて結構難しいんですよね。
素人がやるとムラができてしまいます。木の家を建てるときに考えるべきことは、建築中の現場を見ていると出会えるかも。