注文住宅を新築する

愛知で注文住宅を建てるみなさまにお伝えしたいこと。「和室のある暮らし」「畳のある暮らし」にあこがれませんか?日本人ならだれでも、京都のお寺に感動したりすることがあると思います。そんな心がほっと安らぐ空間が自宅にもあったら素敵ですよね。せっかく新築で注文住宅を建てるのだから、あこがれを実現してみてはいかがでしょうか。「畳のにおいって落ち着くんだよね~」という方も多いのではないでしょうか。注文住宅を新築する、では、国産のイ草(熊本い草)を使用した畳を使います。今、日本で流通している畳の70~80%は外国(主に中国)のい草です。国産のイ草と外国産のイ草は何が違うのか?それはイ草の「灯芯」と言われる中心部分の密度が違います。イ草の断面を見ると、スポンジ状の繊維が詰まっていますが、中国産のものに比べ、より密度があります。また、イ草の表皮の厚さも違います。国産イ草のほうが厚いです。灯芯の密度と、表皮の厚さを比べても、国産イ草のほうが丈夫で長持ちします。また、弾力もありますので、踏み心地、座り心地がよいと言われています。わたしたちは国産のイ草の畳を使います。わたしたちは畳の裏には産地・職人の名前が入っており、生産履歴がわかる畳です。わたしたちのモデルハウスの畳に触れに来てください。匂いから違いと思います。