新築で木の家を建てるなら

新築で木の家を建てるなら、ではエアパスソーラー工法の家をご提案しております。
在来軸組工法に壁の通気を取り入れた工法になります。
昔から培われてきた大工の技術を十分に活かしながら太陽エネルギーなどの自然エネルギーを取り込むパッシブソーラーハウス。
職人さんの腕が悪ければ造ることが難しい工法。
新築で木の家を建てるなら、なにより住まう人と木にやさしい工法です。
もちろん国産材100%の家ですので生産履歴が確立したものであります。
エアパスソーラー工法について、詳しいご説明をさせていただきますので、ぜひお声をかけてください
なぜ人に良いのか。なぜ木に良いのか。ご説明させていただきます。
新築で木の家を建てるなら、薪ストーブの講師磯野さん。それを真剣に聞く岩倉さんと(まつうら)。
今朝9時前の光景です。実は、薪ストーブをはじめて体験しました。私たちです。
新築で木の家を建てるなら、用意したのは新聞紙と端材とライター
パタパタ。はい、出来上がり
とても早い。慣れているからでしょうか。
新築で木の家を建てるなら、今まで薪ストーブや薪ストーブ生活は雑誌や映画で見る程度。
街中でマンションで、石油ヒーターの生活からはほど遠いものでした。
それが今、この仕事を通して当たり前のものになっていることに気がつきハッとしました。
着火されてジワリジワリと温まるモデルにいて、心地よい気持ちになる自分。
「薪ストーブって憧れ。きっといいものなんだろうな。でも、手入れが大変なのかも・・」
そんな風に思っていた数か月前の自分それが・・
「薪ストーブってとてもいいもの。いつかつけてみたいな。」
新築で木の家を建てるなら、そんな風に思いだした自分。
今までお客様にはOB様やスタッフの体験談を通して薪ストーブのことを話していました。
明日から、今日の自分の体験談をふまえてご紹介できそうです。